ペンギンアップデート・パンダアップデートの影響をチェックできるツール「Panguin」

今年の5月頃からGoogleの検索結果順位が大きく変動して話題になっている「ペンギンアップデート」「パンダアップデート」ですが、自分のサイトが実際にこれらアルゴリズム・アップデートの影響を受けたのか、それとも受けていないのか、あいまいな方も多いと思います。

その影響を調べられるツール「Panguin(パンギン)」をご紹介します。

使い方は簡単です。

まず「Panguin Tool」にアクセスして、Panguin(Barracuda Digital)からGoogle Analyticsへのアクセスを許可します。すると、Googleアナリティクスに登録してあるプロファイルの一覧が表示されるので、調べたいサイトを選択すると、結果のグラフが表示されます。

横軸が日付、縦軸がアクセス数。ペンギンが青、パンダが赤、その他が黄と、アルゴリズムがアップデートされたタイミングが、色つきの縦線で表示されます。

私が管理しているサイトでは、ほとんどGoogleアルゴリズム・アップデートによるアクセス数の変化は見られなかったのですが、1サイトだけ顕著にアクセス数を伸ばしているサイトがありました。

このサイトは、とあるミドルキーワードでの掲載順位が10位〜20位のまま、約2年半の間ゆるーく上下していたのですが、5月あたりから2位まで浮上して驚いていました。こうしてアルゴリズムのアップデートと時期を重ねてみると、パンダ/ペンギンアップデートが関連しているのかなぁ、と当たりをつけることが出来ます。

あくまでアクセス数の増減を見ているだけなので、それがアルゴリズム・アップデートに起因するものなのか、その他の要因によるのかは自分で見極める必要がありますが、面白いツールです。特に、最近大きく順位が動いた、アクセス数が増減した、という方は、一度利用してみると良いと思います。

(ま子)

[via 海外SEO情報ブログ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>