Googleが被リンク無効化ツールを公開

google被リンク無効化ツールGoogleが「サイトへの不自然なリンクを否認する新しいツールの提供を開始した」と、ウェブマスター向け公式ブログで発表しました。

ペンギンアップデート以降、低品質なリンクは無視されるだけでなく、ネガティブに働いてサイトの評価を下げているのでは、と懸念されていますが、リンクを無効化するツールが公開されたことで、そのような噂が真実味を帯びた気がします。

リンクの否認ツールはこちらから利用します。 

google被リンク無効化ツール
このページでは、まず対処を行いたいサイト(リンクを受けているサイト)を選択する画面が表示されます。
プルダウンからサイトを選択し、「非承認のリンク」という赤いボタンをクリックすると、次のような注意書きが出ます。

google被リンク否認ツール
「リンクの非承認」をクリックすると、次のような画面に遷移します。

goole 被リンク 無効化
ここで、否認したいリンクのみを記述したテキストファイルを作成し、そのファイルをアップロードします。
テキストファイルの記述方法は簡単で、以下の手順です。

1.1行につき、1URL を記載します。
(例)http://spam.example.com/stuff/content.htm

2.特定のドメイン(例: example.com)全体からのリンクがすべて無視されるようにするには、次のような行を追加します。
(例)domain: example.com

否認したいリンクが大量にある場合は、ウェブマスターツールのヘルプを参考に、まずはサイトの被リンクリストをダウンロードして、そこからリンクを選別していく、という手順が早いかもしれません。

以上が被リンク無効化ツールの使い方ですが、このツールは、繰り返し注意書きがあるように、「使い方を間違えると、Google 検索結果でのサイトの掲載結果に悪影響が及ぶ可能性がある高度な機能」です。慎重に使用する必要がありそうです。

(ま子)

[via Googleウェブマスターツール・リンク無効化ツールまとめ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>